2017年10月06日

しみんのちからICT版 242号

a_ilst017.gifしみんのちからICT版242
                           (2017年10
月6
日号)

このメールは「しみんのちから」ご登録団体および関連団体等へ配信しています。
配信をご希望で無い場合は、末尾の配信元あてご連絡ください。

しばらく配信を停止していましたが、今号から復活をしましたので、よろしくお願いいたします。

狭山中学校区まちづくり円卓会議からのお知らせです。

1.第7回さやりんピックの開催
   11月12日(日) 

案内は下のイラストをクリックしてください

 ICT24201.JPG 


2.狹山ラウンド 第20回講演会
   11月18日(土)薬の正しい使い方

   案内と申込書は下の講師写真をクリックしてください
   ICT24202.JPG  

3.福祉教育部会 第2回講演会
   11月29日(水)身近な子どもへの理解とかかわりについて
   案内と申込書は下の案内文字をクリックしてください
  ICT24203.JPG

しみんのちからへご登録の皆様の団体で、お知らせや募集の記事配信をご希望の方は、
原稿をお寄せください。
あなたの団体から、他の活動団体への情報共有を支援します。

配信元
大阪狭山市市民活動支援センター/VICチーム
電話 072-366-1011 FAX  072-366-1012
 e/mail vic@osakasayama-vc.jp
続きを読む
posted by shimin at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

しみんのちからICT版241号

■■■■しみんのちからICT版241号■■■■
■■■        2016年7月24日号
■■
■    大阪狭山市市民活動支援センター

暑い日が続きますがお変わりありませんでしょうか?
前号は、メールタイトルの号数を誤って送ってしまいました。お詫びいたします。

今号は、任天堂のポケモンGoであらためて「話題沸騰」の
スマートホンに関する講座のお知らせ2本送ります。

―――――――――――――――――――――
■熟年いきいき事業実行委員会
  一から学ぼう スマートホン
■やさしい 格安スマホ教室
  〜持ってなくても大丈夫 スマホ貸し出し〜
―――――――――――――――――――――

■熟年いきいき事業実行委員会
  一から学ぼう スマートホン

テキストを使って、スマートホン各部の呼び方、使い方などをマスターする基礎講座です。

○とき 平成28年8月22日(月)、29日(月)、31日(水)の3日間の講座です
      午前コース:午前9時30分〜11時30分、9時から受付
      午後コース:午後1時30分〜3時30分、1時から受付
○ところ 市役所南館・講堂
○定員  午前・午後コースそれぞれ15人
○参加費 2,000円(テキスト代など)
○申し込み  8月10日・水曜日までに、はがきに、「スマホ」(お使いのスマートホンの裏面に
りんごのマークがある人は「リンゴ」)と書いて、住所、氏名(ふりがな)、年齢、住電話番号、
午前・午後の希望コースを下記に
      〒589−0005 大阪狭山市狭山1−862−5(市役所南館内)
      大阪狭山市熟年いきいき事業実行委員会
      ?072−366−8899


■やさしい 格安スマホ教室
  〜持ってなくても大丈夫 スマホ貸し出し〜

スマホを買いたいけれど、使いこなせるか不安。 格安スマホってどんなもの?
手続きや設定が難しそう……そんなあなたにお勧めです。
格安スマホに関心があるけれど、使い方や購入方法がよくわからない人に
「便利で楽しく安全に」格安スマホを利用する方法が学べる無料教室です。

○とき 平成28年8月24日・水曜日、30日・火曜日
     いずれも午後2時〜4時30分
     ※教室終了後に購入の相談に応じます。受講できない人も歓迎!
○ところ 大阪狭山市立公民館・第2会議室
○定員 各日16人(先着順)
○参加費 無料
○申し込み 8月22日・月曜日までに電話で 0721−29−0019 (NPO法人きんきうぇぶ)へ


【よのひとりごと】
再開、前号の読者のお一人から
「ひとりごとは?」と言葉をかけてもらったもので……こちらは不定期復活…の予定

東京都知事の選挙がニュースになっていますが、お隣のまちの市長が交代しました。
地元生まれの46歳だそうです。
奥河内キャンペーンやモンベルとの提携など、前市長時代に徐々に元気になった印象のお隣だと感じていました。それにしても、2回目のチャレンジで当選を果たした「若い」力に期待したいものです。
それにしても、「マスコミ」という名前のローカルニュースが席巻する状況には違和感を禁じえません。我が国人口の4分の1とはいってもも、その地域の報道が全国ニュースの大半を覆っているのは…やはりおかしい。
「国」に対する言葉としての「地方」という表現と、「地方創世」という言葉から匂う「地方」の差を感じられることが、この時代に「地域」で生活する上で必要な感性だと思うのです。


■■■■ ■■■ ■■ ■ ■■ ■■■ ■■■■

☆しみんのちからへご登録の皆様の団体で、自らの団体のお知らせや募集の記事配信をご希望の場合は原稿をお寄せください。
☆このメールマガジンは、登録の全ての団体向けだけでなく、市内活動団体を17の活動分野別に分類して特定の分野への情報発信も可能です。
☆市民活動支援センターは、あなたの団体から、他の活動団体への情報共有を支援します。

メルマガ配信をご希望でない方は、下記へご連絡ください。

配信元
大阪狭山市市民活動支援センター/ICTチーム
電話・FAX  072-366-4664  
 電子メール simin025@yacht.ocn.ne.jp
posted by shimin at 15:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

しみんのちからICT版240号

■■■■しみんのちからICT版240号■■■■
■■■        2016年7月15日号
■■
■    大阪狭山市市民活動支援センター

随分とご無沙汰してしまいました。
メールマガジンの配信方法を更新するつもりでしたが、うまくいかないもので引き続き従前の形で再開します。
今後とも、市民活動支援センターに登録いただいた団体の皆さんに役立つ情報を提供していきますので、改めてよろしくお願いいたします。

今号では、狭山中学校円卓会議の講演会と市民活動支援センターが実施する情報発信講座のお知らせを送ります。

―――――――――――――――――――――
■さやまラウンド講演会
  くらしと微生物 〜小さな生命の大きな働き〜
   狭山中円卓会議が講演会を開催
■市民団体のための Facebook 活用講座
   SNSを利用して情報発信しよう
―――――――――――――――――――――

■さやまラウンド講演会
  くらしと微生物 〜小さな生命の大きな働き〜

狭山中学校区まちづくり円卓会議が開催する講演会
微生物といえば、食品の腐敗、食中毒、病気、アレルギーなどといった悪い面が強調されがちですが、本当はこのような悪玉菌より、ヒトの暮らしに役立つ善玉菌の方がはるかに多いのです。私たちの暮らしを豊かにしてくれている微生物の働きについて紹介していただきます。

○講師 川口剛司さん/大阪府立大学地域連携機構教授
○会 場 SAYAKAホール・大会議室
○開催日 平成28年7月23日(土)
○定員  90人(先着順)
○参加費 無料
○申し込み  7月22日までに、円卓会議ホームページ(
http://www.sayamachuentaku.net/ )から、
         または、氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレスなどを書いて、
         電子メール( sayamaround@sayamachuentaku.net )、ファクシミリ(072−366−8545)も可



■市民団体のための Facebook 活用講座
   SNSを利用して情報発信しよう

SNS(エス・エヌ・エス)という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略語で、「インターネットを利用して、個人と個人の社会的な関係をネットワーク化するサービス」とでも言うのでしょう。いくつものサービスがありますが、今回は「Facebook」を利用した団体情報の発信、告知、共有の方法について、実際に画面を見て実習します。

○とき 平成28年8月25日・木曜日、26日・金曜日の2日間
     いずれも午後2時〜4時
○募集人数 10人(先着順)
○対象 Facebookアカウントを持っていて、自分の団体の情報発信をしたい人
○持ってくる物 Wifi接続のできるパソコン(スマートフォンやタブレットは除きます)。貸し出しも可能です。
○参加費 500円(資料代)、パソコン貸し出しの場合は1,000円
○申し込み 8月22日・月曜日までに、@氏名(ふりがな) A電話番号 Bメールアドレス を書いて、ファクシミリまたは電子メールで下記まで
○申し込み ファクシミリ 072−366−4664 または
soumu@osakasayamasc.onmicrosoft.com


■■■■ ■■■ ■■ ■ ■■ ■■■ ■■■■

☆しみんのちからへご登録の皆様の団体で、自らの団体のお知らせや募集の記事配信をご希望の場合は原稿をお寄せください。
☆このメールマガジンは、登録の全ての団体向けだけでなく、市内活動団体を17の活動分野別に分類して特定の分野への情報発信も可能です。
☆市民活動支援センターは、あなたの団体から、他の活動団体への情報共有を支援します。

メルマガ配信をご希望でない方は、下記へご連絡ください。

配信元
大阪狭山市市民活動支援センター/ICTチーム
電話・FAX  072-366-4664  
 電子メール simin025@yacht.ocn.ne.jp
posted by shimin at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しみんのちからICT版239号

■■■■しみんのちからICT版239号■■■■
■■■        2015年10月8日号
■■
■    大阪狭山市市民活動支援センター

朝夕涼しさを通り越して寒くなってきました。稲刈りもそろそろ始まり秋祭りも直ぐそこに…。
深まり行く秋、模擬店出店のお願いと、姉妹都市派遣学生の募集のお知らせです。
このメルマガはテキスト版でお送りしていますが、今回はPDFの添付ファイル付で少しデータ量が大きくなり申し訳ありません。

――――――――――――――――――――
■さやりんピック模擬店募集
   狭山中円卓のイベント出店募集
■姉妹都市オンタリオへの派遣学生募集
   都市間市民交流協会が3月13日から14日間
――――――――――――――――――――

■さやりんピック模擬店募集
   狭山中円卓会議イベント協力者を募集

狭山中学校区まちづくり円卓会議が主催する「さやりんヒック」は、健康、福祉や防災、防犯などの要素を取り入れたレクレーションゲームを楽しみながら、地域住民のコミュニティづくりを進めるものです。
この会場で実施する模擬店の出店者を募集します。申し込み締め切りが9日になっていますが、延長募集中です。ぜひ、ご協力ください。

○会 場 さやか公園(狭山池東堤)
○開催日 平成27年11月1日(日)
○募集団体数  10団体
○大きさ 間口5,4m 奥行き3,6m(3間×2間)
       間口2,7m 奥行き3,6m(1.5間×2間)
○申し込み  所定の用紙に記入して、FAX 072-366-8545へ。
         詳しくは添付ファイルを参照ください
○問い合わせ 090-1891-8921(山村)


■姉妹都市オンタリオへの派遣学生募集
   都市間市民交流協会が3月13日から14日間

大阪狭山市都市間市民交流協会が、姉妹都市のアメリカ合衆国オレゴン州のオンタリオ市に学生を派遣します。

○派遣期間 平成28年3月13日から26日の14日間
○募集人数 5人
○対象 大阪狭山市内に住んでいて、高等学校、大学、専門学校、短期大学などに在学している人
○募集説明会 10月18日・日曜日 午後2時から4時。市民活動支援センター講堂
○参加費 15万円程度(往復の航空運賃、空港使用料など)
詳しくは、大阪狭山市市民協働・生涯学習推進グループへ


【よのひとりごと】
マイナンバー制度が始まります。交付申請書が手許に間もなく届くそうです。便利になるという声と同時に、不安の声もあります。住基カードというのもありましたが、マイナンバー個人カードが28年1月から発行され、これを取得すると住基カードは失効する…結局以前のカードは廃止されることになります。
さて、住基カード…大切にしないといけないと言われて…、どこに入れたか探してみようと思います。マイコレクションになるかな…?


■■■■ ■■■ ■■ ■  ■ ■■ ■■■
2016年は狭山池築造から1400年の年です
 ○○ 人・ゆめ・ロマン
 ○○ 狭山池築造1400年 

☆しみんのちからへご登録の皆様の団体で、自らの団体のお知らせや募集の記事配信をご希望の場合は原稿をお寄せください。

☆この情報は、ご登録の全ての団体さま向けだけでなく、市内活動団体を17の活動分野別に仕分けして特定の団体さまへの情報発信も可能です。

☆あなたの団体から、他の活動団体への情報共有を支援します。
情報のメルマガ配信をご希望でない方は、下記へのご連絡をお願いします。

配信元
大阪狭山市市民活動支援センター/ICT・総務チーム
電話・FAX  072-366-4664  
 e/mail simin025@yacht.ocn.ne.jp
posted by shimin at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

しみんのちからICT版238号

■■■■しみんのちからICT版238号■■■■
■■■        2015年9月5日号
■■
■    大阪狭山市市民活動支援センター

暑かった夏ですが、いつの間にか秋が忍び寄っています。赤とんぼが空を舞い、せみの声が秋の虫の音に変わりました。まだまだ、油断はできませんが……日の沈むのが早くなり、季節は確実に変わっています。
今回は、市の協働事業提案の募集と、教養の秋らしい講演会のご案内です。
このメルマガはテキスト版でお送りしています。

――――――――――――――――――――
■市との協働事業提案を募集
   こうしたらもっとうまくいく
■講演会「和泉陶邑(すえむら)の成立と展開」
   〜陶器山に古代文化のロマンを探る〜
――――――――――――――――――――


■市との協働事業提案を募集
   こうしたらもっとうまくいく

大阪狭山市は、市民との協働によるまちづくりを推進しています。そのひとつとして、より良いまちづくりのために、協働事業に関する皆さんのアイデアを募集します。
「市民が協力してこう変えたらもっと効率的にできる」「こんな事業があったらみんなが喜ぶ」などという事業について、提案してください。
これまでの採択事業はどんなものがあるか、また、提案に関する市の現状や市政に関する資料の提供などをしています。
まずは、市民協働生涯学習推進グループ(TEL072−366−0011内線240)にご相談ください。

【募集期間】 9月18日(金)〜10月9日(金)必着



■講演会「和泉陶邑(すえむら)の成立と展開」
   〜陶器山に古代文化のロマンを探る〜

大阪狭山市と堺市の境界になっている陶器山、その名前は、遠い昔ここが須恵器の一大生産地であり、その破片がそこかしこから出たことにちなんでいます。
古代の須恵器生産の背景とその拡大、その後の日本全国への広がりなど、「陶邑(すえむら)」をめぐるお話から、古代文化のロマンを探ります。
講演の後は陶器山にある窯跡を見学します。

☆とき 9月26日・土曜日 講演会:午前10時〜11時(開場は9時30分)
☆ところ コミュニティセンター・大会議室 講演後、陶器山の窯跡まで歩いて見学
☆講師 中村浩さん/考古学者・龍泉寺住職
☆定員 100人
☆参加費 無料
☆申し込み 18日までに、陶器山自然観察クラブのホームページ(
http://www.toukiyama2015.jp )
の「お問い合わせ」から送信するか、ファクシミリで072−367−8397へ


【よのひとりごと】
5年に1回の国勢調査。今回からインターネットを利用したオンライン調査が導入されます。
日本ならではの世界最大規模のネットを利用した調査への挑戦だとか……。
インフラと機材、それに加えて普及率の高さが、その挑戦を支える背景なのですが、どこか不安感をぬぐえないのはどうしてでしょう。
それでもチャレンジする意味はあるのでしょう。
パソコンに電話をかけさして、黒い画面に白い文字が流れるパソコン通信世代には隔世の感があります。個人がネットに常時接続するスマートフォンの時代は、わたしたちの生活を、わたしたちの想像力の範囲を大きく超えて変えてしまうように思います。

市民活動支援センターのホームページの模様替えをしました。
ご意見お寄せください。


■■■■ ■■■ ■■ ■  ■ ■■ ■■■
2016年は狭山池築造から1400年の年です
 ○○ 人・ゆめ・ロマン
 ○○ 狭山池築造1400年 

☆しみんのちからへご登録の皆様の団体で、自らの団体のお知らせや募集の記事配信をご希望の場合は原稿をお寄せください。

☆この情報は、ご登録の全ての団体さま向けだけでなく、市内活動団体を17の活動分野別に仕分けして特定の団体さまへの情報発信も可能です。

☆あなたの団体から、他の活動団体への情報共有を支援します。
情報のメルマガ配信をご希望でない方は、下記へのご連絡をお願いします。

配信元
大阪狭山市市民活動支援センター/ICT・総務チーム
電話・FAX  072-366-4664  
 e/mail simin025@yacht.ocn.ne.jp
posted by shimin at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

しみんのちからICT版237号

■■■■しみんのちからICT版237号■■■■
■■■        2015年8月15日号
■■
■    大阪狭山市市民活動支援センター

今年のお盆休みはいかがでしたでしょうか?
ゆっくりできた…、忙しかった…。それぞれのお盆があったように思います。
いつの間にか、せみの合唱も静まり、朝夕過ごしやすくなりました。

このメルマガはテキスト版でお送りしています。

――――――――――――――――――――
■市民活動支援センターミニワークショップ
   新聞エコバッグをつくろう
■第11期まちづくり大学受講者募集
   知ることから始めるまちづくり
――――――――――――――――――――


■市民活動支援センターミニワークショップ
   新聞エコバッグをつくろう

新聞紙を使っておしゃれなエコバッグを作ります。

【とき】8月21日金曜日 午後10時〜11時30分、午後2時〜3時30分
【ところ】大阪狭山市市民活動支援センター・講堂
【定員】各回10人(当日先着順)
【参加費】100円
【問い合わせ】市民活動支援センター TEL072−366−4664(武市)


■第11期まちづくり大学受講者募集
   知ることから始めるまちづくり

まちづくりや、地域活動に関心のある人。
自治会の役員になったけれど、どうしたらいいのかわからない人。
大阪狭山市のことを体系的に知りたい人。
ボランティアに興味があるけれどどうしたらいいのか分からない人。

さまざまな人のニーズに応じた下記の3コースを設定しています。

A:大阪狭山市を知るコース 9月5・12・19・25日・10月3日・12月19日・12月26日


B:市民によるまちづくり講座 9月5日・10月9・17・24・31日・12月19日・12月26日
C:ボランティア体験講座 9月5日・11月7・14・28日・12月5日・12月19日・12月26日
 原則的に土曜日午前中講義ですが、一部曜日・時間帯を変更しています。
 Cコースは10月〜12月の間でボランティア体験をします。

【申込締切】8月20日・木曜日
【詳しくは】
   → http://osakasayama-sc.jp/h27daigakubosyuu.html


【よのひとりごと】
今年は5連休が2回もあります。次は9月。
休みが多いのはやはり良いことなのでしょうが、実際に休める人がどのくらいいるのかというとどうでしょう? サービス業が増加することで休日勤務者が増えているはずです。
わがセンターでも、イベントや事業は、土曜日・日曜日を主に企画することが多く、最近ではお叱りも受けます。
連休、祝日といえば、来年からは8月に山の日が登場します。お盆のかかり11日だそうです。先日、来年のカレンダーをみたら…もうすでに赤色でした。来年のお盆休みを入れると15日までの5連休!
個人的なことを言えば、連休に縁のないのが残念……。


■■■■ ■■■ ■■ ■  ■ ■■ ■■■
2016年は狭山池築造から1400年の年です
 ○○ 人・ゆめ・ロマン
 ○○ 狭山池築造1400年 

☆しみんのちからへご登録の皆様の団体で、自らの団体のお知らせや募集の記事配信をご希望の場合は原稿をお寄せください。

☆この情報は、ご登録の全ての団体さま向けだけでなく、市内活動団体を17の活動分野別に仕分けして特定の団体さまへの情報発信も可能です。

☆あなたの団体から、他の活動団体への情報共有を支援します。
情報のメルマガ配信をご希望でない方は、下記へのご連絡をお願いします。

配信元
大阪狭山市市民活動支援センター/ICT・総務チーム
電話・FAX  072-366-4664  
 e/mail simin025@yacht.ocn.ne.jp
posted by shimin at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しみんのちからICT版236号

■■■■しみんのちからICT版236号■■■■
■■■        2015年7月19日号
■■
■    大阪狭山市市民活動支援センター

7月の三連休。前日の金曜日夜は、台風接近で気をもんだ人も多かったでしょう。
三連休と同時に学校が夏休みに入り、梅雨明けも近づいたようです。暑さが本格化し、早くから「土砂降り」のセミ時雨に叩き起こされるかのようです。暑さに向かう中ご自愛ください。
さて今号は、英語学習と、久々にコミュニティビジネスのお勧めです。

このメルマガはテキスト版でお送りしています。

――――――――――――――――――――
■英語力アップの講座
   〜2回の講義で、海外旅行にも役立つ〜
■誰でも、どんなスタイルでもCB
   ひょうごコミュニティビジネス1Dayスクール
――――――――――――――――――――


■英語力アップの講座

大阪狭山まちづくり研究会が開催。
わずか2回の講義で英語力をアップ。楽しく、実用的な生きた英語を学びます。
講師が考案した、英語学習の動機づけと課題の取り組み方を身に付けます。
【とき】7月25日と9月12日いずれも土曜日 午後6時〜7時30分 
【ところ】大阪狭山市立公民館・講習室
【対象】高校生以上の学生、一般の人
【参加費】資料代500円程度
【申し込み・問い合わせ】
「英語力アップの講座」参加希望日(両日も可)、氏名(未成年の場合は保護者名も)、住所、電話・ファクシミリ番号などを
大阪狭山まちづくり研究会――教育文化関連分科会
  TEL/FAX072−366−3704(中林)
  ikeno@nexyzbb.ne.jp


■誰でも、どんなスタイルでもCB
   ひょうごコミュニティビジネス1Dayスクール

日々の生活にある「困った」や「あったらいいな!」を解決策を、アイデアと熱意でもって事業化したものがコミュニティビジネスです。
さまざまなところで、やりがいを持ってそれぞれのスタイルで地域課題に取り組み、それを仕事にしている人が数多くいます。
自分の出来ることで仕事にしたい。生きがいのある仕事をしたい。経験を生かし社会に恩返しがしたい。それぞれの思いを持って取り組んでいる人の話が聞けます。
他県ですが少し足を伸ばして、こんな話も聞いてみませんか?

【とき】7月25日・土曜日 午前10時〜午後5時(出入り自由)
【ところ】ハーバーランド ダイヤニッセイビル11階
      神戸市中央区東川崎町1−7−4 JR神戸から5分
【参加費】無料
【申し込み】メールか電話・ファクシミリで、
       詳しくはチラシをご覧ください
   → http://web.pref.hyogo.jp/sr04/event/documents/hyogo_community_1day_school_6.pdf


※コミュニティビジネスやソーシャルビジネスについての相談は認定NPO法人大阪NPOセンター(大阪市中央区平野町1−7−1堺筋高橋ビル5階 電話06−6223−3303)が受けています。


【よのひとりごと】
先日、お芝居のワークショップに参加しました。
いつもの自分と違う人物になり、台詞を言う、あるいは台詞がなくとも舞台の上で動くことはやはり難しいものです。でも、もっと難しいのは、台詞も動きもなく舞台に存在することだと発見しました。
台本には、台詞や動きが書いてあるのですが、それがなく舞台に残っている人のことは何もありません。舞台上で、その場にふさわしく存在し続けるというのはきわめて高い想像力が求められます。場の空気を壊さずに役者として存在することは強い緊張感が求められるのです。

このところテレビドラマを見ても、背景に映る人に注目してしまいます。


■■■■ ■■■ ■■ ■  ■ ■■ ■■■
2016年は狭山池築造から1400年の年です
 ○○ 人・ゆめ・ロマン
 ○○ 狭山池築造1400年 

☆しみんのちからへご登録の皆様の団体で、自らの団体のお知らせや募集の記事配信をご希望の場合は原稿をお寄せください。

☆この情報は、ご登録の全ての団体さま向けだけでなく、市内活動団体を17の活動分野別に仕分けして特定の団体さまへの情報発信も可能です。

☆あなたの団体から、他の活動団体への情報共有を支援します。
情報のメルマガ配信をご希望でない方は、下記へのご連絡をお願いします。

配信元
大阪狭山市市民活動支援センター/ICT・総務チーム
電話・FAX  072-366-4664  
 e/mail simin025@yacht.ocn.ne.jp
posted by shimin at 18:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

しみんのちからICT版235号

■■■■しみんのちからICT版235号■■■■
■■■        2015年7月7日号
■■
■    大阪狭山市市民活動支援センター

雨の七夕になりました。織姫様は下から見上げられないので胸をなでおろしているかもしれません。
今号は、市内で開催される講座と、お隣の富田林市市民公益活動支援センターが開催するシンポジウムへのお誘いです。
このメルマガはテキスト版でお送りしています。

――――――――――――――
■街角オアシスin大阪狭山
   〜教育の再生を願って〜
■女子トーク!
  女性目線で暮らしやすい地域とは?!
――――――――――――――――
誰かを誘って…、一人でふらっと… ご参加ください?



■街角オアシスin大阪狭山
今年度の大阪狭山市市民公益活動促進補助金の補助対象事業です。
歌や寸劇を交え、「認知症の理解」と題して医療法人六三(むつみ)会大阪さやま病院の阪本栄院長が講演、参加者を交えた語り合いの場もあります。
【とき】7月25日・土曜日 午後1時30分〜3時30分(1時開場) 
【ところ】大阪狭山市立公民館・多目的室2
【参加費】大人1,000円、小・中学生200円、幼児は無料  
【申し込み・問い合わせ】あったかファミリースクール「街角オアシスin大阪狭山」
TEL/FAX072−365−0241


■女子トーク!
  女性目線で暮らしやすい地域とは?!

富田林市市民公益活動支援センターが「頼っていいんです! 助け合いの街づくり」をメインテーマにシンポジウムを開きます。

第1部【基調講演】「共(とも)育て共(とも)育ち〜子育ては頼っていいんです!」


 株式会社AsMama(アズママ)代表取締役社長の甲田恵子さん

第2部パネルディスカッション「キーワードは女性・地域・就労」
 コーディネータ:大阪府立大学教育福祉学類教授の小野達也さん
 パネリスト:NPO法人フラットスペース金剛代表理事の岡本聡子さん/株式会社アル・コネクションプロダクツ代表取締役の中西理翔さん/ゲキトモエンターテイメント代表で大阪府立河南高校演劇部講師の谷川うりさん/富田林市社会福祉協議会の和田良子さん

ちらしは→http://www.kinkiweb.net/sapoton3/20150718.pdf

【とき】7月18日・土曜日 午後2時〜4時
【ところ】富田林消防本部4階講堂
【参加費】無料
【申し込み】富田林市市民公益活動支援センター(NPO法人きんきうえぶ)
TEL0721−26−7887 電子メール info@tondabayashi.org

【よのひとりごと】
台風が3つもまとまって発生して、梅雨前線を活発化させるということです。
太平洋のずいぶんと遠いところのように見えるのですが、昨日から騒々しいことです。


接近は週末にかけてのようですが……早めの準備が一番。
雨の合間を狙って、風にあおられそうなところや、飛んでいきそうなものがないか、家の周りを一回り。日ごろからの整理整頓が大切です。

■■■■ ■■■ ■■ ■  ■ ■■ ■■■
2016年は狭山池築造から1400年の年です
 ○○ 人・ゆめ・ロマン
 ○○ 狭山池築造1400年 

☆しみんのちからへご登録の皆様の団体で、自らの団体のお知らせや募集の記事配信をご希望の場合は原稿をお寄せください。

☆この情報は、ご登録の全ての団体さま向けだけでなく、市内活動団体を17の活動分野別に仕分けして特定の団体さまへの情報発信も可能です。

☆あなたの団体から、他の活動団体への情報共有を支援します。
情報のメルマガ配信をご希望でない方は、下記へのご連絡をお願いします。

配信元
大阪狭山市市民活動支援センター/ICT・総務チーム
電話・FAX  072-366-4664  
 e/mail simin025@yacht.ocn.ne.jp
posted by shimin at 17:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

しみんのちからICT版234号

■■■■しみんのちからICT版234号■■■■
■■■        2015年6月20日号
■■
■    大阪狭山市市民活動支援センター

暑い暑いと思っていたのですが、やはり梅雨の気候になってきました。
ドカ雨ではありませんが、よく降るし、じめじめした空気です。
食中毒や、体調管理にお気をつけください。

このメルマガはテキスト版でお送りしています。

――――――――――――――
今号は市民活動支援センター
事業2本のお誘いです。
■まちづくり団体交流会
■チラシ作成講座
――――――――――――――――
誰かを誘って…、一人でふらっと… ご参加ください?



■まちづくり団体交流会
市民活動支援センターでは、さまざまな活動に取り組んでいる団体の皆さんが集まり、互いの活動成果や課題を語り合う場を提供しています。
今回は、地域でまちづくりに関わる活動に取り組んでいる皆さんに主に集まっていただきます。
まちづくりに関心のある個人の参加も歓迎です。

【とき】6月27日・土曜日 午後2時〜4時 
【ところ】市民活動支援センター・講堂
【参加費】200円  
【申し込み・問い合わせ】市民活動支援センターVIC:360−1011


■チラシ作成講座

【とき】7月11日、 18日いずれも土曜日、どちらか1日
    いずれも午後2時〜4時(1時30分から受付)
【ところ】市民活動支援センター・講堂
【参加費】無料
【定員】各日10人(先着順)
【申し込み】市民活動支援センターのホームページ(http://osakasayama-sc.jp)から。


       お名前、受講希望日、電話番号とメッセージがあれば書いて、
        電子メール(simin025@yacht.ocn.ne.jp)またはファクシミリ(072−366−4664)で
        お申し込みいただけます。

【よのひとりごと】
昨年の春先にいただいたサボテンが花をつけました。
やっと高さ20センチほど、まだまだ小さな株なのですが2種類のうち、一方は花芽がひとつで白、もう一方は花芽が3つも出てピンクの花が咲きました。本体よりも大きな花を咲かせる生命力に驚かされます。
白が先に咲いて、1週ほど遅れてピンクが咲いたのですが、いずれも1日でしぼんでしまいました。月下美人のように夜に咲くのではなく朝に開くようです。
それにしても、小さなサボテンが花をつけるのは、無理しているようで痛々しいほどです。ひょっとすると天変地異の兆候を察知しているのかと…。備蓄の水を入れ替えておこうと思ってしまいました。

■■■■ ■■■ ■■ ■  ■ ■■ ■■■
☆しみんのちからへご登録の皆様の団体で、自らの団体のお知らせや募集の記事配信をご希望の場合は原稿をお寄せください。

☆この情報は、ご登録の全ての団体さま向けだけでなく、市内活動団体を17の活動分野別に仕分けして特定の団体さまへの情報発信も可能です。

☆あなたの団体から、他の活動団体への情報共有を支援します。
情報のメルマガ配信をご希望でない方は、下記へのご連絡をお願いします。

○○ 人・ゆめ・ロマン
○○ 狭山池築造1400年 

配信元
大阪狭山市市民活動支援センター/ICT・総務チーム
電話・FAX  072-366-4664  
 e/mail simin025@yacht.ocn.ne.jp
posted by shimin at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

しみんのちからICT版233号

■■■■しみんのちからICT版233号■■■■
■■■        2015年6月2日号
■■
■    大阪狭山市市民活動支援センター

しばらくご無沙汰していました。
今号からテキスト版に変更してお送りします。

Windows10のアップグレードが7月29日からと発表されました。
予約がいるとか、今回もホーム版とプロ版にわかれそれぞれにアップグレードされるようです。
機能が豊富になるのでしょうが、今必要なものと将来必要な(必要にならない)ものの主人公はどこにいるのか…。

――――――――――――――
今号はお誘い2本です。
■展示「本が泣いています」
■新聞エコバックをつくろう
――――――――――――――――
誰かを誘って…、一人でふらっと… おでかけいかがですか?


■展示「本が泣いています」
書き込みされた本、水に濡れたり破られた本、ページを切り取られて読めなくなった本を図書館で展示します。
マナーについて考えさせられます。
【とき】6月1日・月曜日〜 29日・月曜日 
【ところ】大阪狭山市立図書館

■新聞エコバックをつくろう
【とき】6月19日・金曜日 午前10時〜11時と午後2時〜3時 
【ところ】市民活動支援センター・ミーティングルーム
【参加費】100円 
【定員】10人(当日先着順) 
【問い合わせ】市民活動支援センター:366−4664(武市)


【よのひとりごと】
今月の23日・木曜日から29日・水曜日は「男女共同参画週間」です。
「男女共同参画社会基本法」が施行されたのが6月23日。この日から1週間を「男女共同参画週間」としてさまざまな活動に取り組まれます。
男性と女性が、家庭、地域、学校、職場で、それぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」を実現するためには、一人ひとりの取り組みが欠かせず、男女のパートナーシップについて考える機会にしたいという……

今年のキャッチフレーズは
「地域力×女性力=無限大の未来」

地域と女性の力、どちらもが1を下回れない公式です。頑張らねば!


■■■■ ■■■ ■■ ■  ■ ■■ ■■■
☆しみんのちからへご登録の皆様の団体で、自らの団体のお知らせや募集の記事配信をご希望の場合は原稿をお寄せください。

☆この情報は、ご登録の全ての団体さま向けだけでなく、市内活動団体を17の活動分野別に仕分けして特定の団体さまへの情報発信も可能です。

☆あなたの団体から、他の活動団体への情報共有を支援します。
情報のメルマガ配信をご希望でない方は、下記へのご連絡をお願いします。

配信元
大阪狭山市市民活動支援センター/ICT・総務チーム
電話・FAX  072-366-4664  
 e/mail simin025@yacht.ocn.ne.jp
posted by shimin at 17:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする