2015年07月10日

しみんのちからICT版235号

■■■■しみんのちからICT版235号■■■■
■■■        2015年7月7日号
■■
■    大阪狭山市市民活動支援センター

雨の七夕になりました。織姫様は下から見上げられないので胸をなでおろしているかもしれません。
今号は、市内で開催される講座と、お隣の富田林市市民公益活動支援センターが開催するシンポジウムへのお誘いです。
このメルマガはテキスト版でお送りしています。

――――――――――――――
■街角オアシスin大阪狭山
   〜教育の再生を願って〜
■女子トーク!
  女性目線で暮らしやすい地域とは?!
――――――――――――――――
誰かを誘って…、一人でふらっと… ご参加ください?



■街角オアシスin大阪狭山
今年度の大阪狭山市市民公益活動促進補助金の補助対象事業です。
歌や寸劇を交え、「認知症の理解」と題して医療法人六三(むつみ)会大阪さやま病院の阪本栄院長が講演、参加者を交えた語り合いの場もあります。
【とき】7月25日・土曜日 午後1時30分〜3時30分(1時開場) 
【ところ】大阪狭山市立公民館・多目的室2
【参加費】大人1,000円、小・中学生200円、幼児は無料  
【申し込み・問い合わせ】あったかファミリースクール「街角オアシスin大阪狭山」
TEL/FAX072−365−0241


■女子トーク!
  女性目線で暮らしやすい地域とは?!

富田林市市民公益活動支援センターが「頼っていいんです! 助け合いの街づくり」をメインテーマにシンポジウムを開きます。

第1部【基調講演】「共(とも)育て共(とも)育ち〜子育ては頼っていいんです!」


 株式会社AsMama(アズママ)代表取締役社長の甲田恵子さん

第2部パネルディスカッション「キーワードは女性・地域・就労」
 コーディネータ:大阪府立大学教育福祉学類教授の小野達也さん
 パネリスト:NPO法人フラットスペース金剛代表理事の岡本聡子さん/株式会社アル・コネクションプロダクツ代表取締役の中西理翔さん/ゲキトモエンターテイメント代表で大阪府立河南高校演劇部講師の谷川うりさん/富田林市社会福祉協議会の和田良子さん

ちらしは→http://www.kinkiweb.net/sapoton3/20150718.pdf

【とき】7月18日・土曜日 午後2時〜4時
【ところ】富田林消防本部4階講堂
【参加費】無料
【申し込み】富田林市市民公益活動支援センター(NPO法人きんきうえぶ)
TEL0721−26−7887 電子メール info@tondabayashi.org

【よのひとりごと】
台風が3つもまとまって発生して、梅雨前線を活発化させるということです。
太平洋のずいぶんと遠いところのように見えるのですが、昨日から騒々しいことです。


接近は週末にかけてのようですが……早めの準備が一番。
雨の合間を狙って、風にあおられそうなところや、飛んでいきそうなものがないか、家の周りを一回り。日ごろからの整理整頓が大切です。

■■■■ ■■■ ■■ ■  ■ ■■ ■■■
2016年は狭山池築造から1400年の年です
 ○○ 人・ゆめ・ロマン
 ○○ 狭山池築造1400年 

☆しみんのちからへご登録の皆様の団体で、自らの団体のお知らせや募集の記事配信をご希望の場合は原稿をお寄せください。

☆この情報は、ご登録の全ての団体さま向けだけでなく、市内活動団体を17の活動分野別に仕分けして特定の団体さまへの情報発信も可能です。

☆あなたの団体から、他の活動団体への情報共有を支援します。
情報のメルマガ配信をご希望でない方は、下記へのご連絡をお願いします。

配信元
大阪狭山市市民活動支援センター/ICT・総務チーム
電話・FAX  072-366-4664  
 e/mail simin025@yacht.ocn.ne.jp
posted by shimin at 17:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする